至福のセレブランチ

鼕e務原の邸宅レストラン
'09/02/05


 

 

今回は 各務原市にある邸宅レストランのレポートです。
ウエディングもできるフレンチレストランですが、
同じ敷地内にパン・ケーキ工房とカフェレストランがあり
こちらはかなりの老舗で、どちらもとても人気のあるお店です。

可愛らしいお庭のエントランスから店内に入ると、
まずはウエイティングルームで、バーカウンターやインテリア、
ワインセラーなどを眺めながら過ごします。
やがて スタッフの素晴らしい笑顔に案内されながら
中庭を通って 席に着くと、高い天井、豪華なお花、
落ち着いたインテリアなどが目に留まりますが、ここは
結婚式の披露宴会場そのままです。

この日はお昼のハーフコース(2,500円)をいただきました。
アミューズ、オードヴル、スープ、お肉またはお魚料理と
自家製パン、デザートとドリンクが付いています。
ランチタイムは 2000円から用意されていますし、時間的に
ゆっくりできない方にも 対応して下さいます。

まず アミューズは、キノコのフラン。わかりやすく言えば
洋風の茶碗蒸しのようなものなのですが、干しシイタケを
使ったソースでとても香り高く、小さなカップでしたが、
もう少しいただきたいと思えるような絶品でした。
(写真右1)

続いて パン工房で焼かれた二種類のパンが運ばれます。
お代わりもでき、4種類くらいからリクエストができます。
焼きたてのパンは美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます。

本日のオードヴルは、サーモンを少し炙ったものと数種類の
お野菜の盛り合わせ。赤カブ、黒大根、赤大根、京人参、
紅芯大根、レンコンなど 珍しくて新鮮な冬野菜がたっぷり。
さっぱりしていますが、お野菜の甘味が優しい味に仕上がり
彩りよく、とても美しい盛り付けです。(写真右2)

スープは、小豆のスープ、またはカブのポタージュスープから
選べたので、後者を選びました。アサツキとバージンオイルを
混ぜていただきます。カブの甘味が出て深い味わいでした。
(写真右3)

メインのお肉料理は、牛肉とフォアグラのショーソン。
フランス風のパイ包みという感じで松の実がアクセントに
添えられ、マデラ酒で作られたというマデラソースで
いただきました。サクサクのパイの中には ジューシーで
とても柔らかいお肉が詰められていますが、くどさはなく
軽い感じでいただけました。菜の花や新じゃがなどの季節の
お野菜も たっぷり添えられていたのが嬉しかったです。
(メインの写真)

友人はお魚料理をオーダーしました。こちらは真鯛と白身魚の
ムースの白菜包み。オマール海老や香味野菜で作られている
アメリケーヌソースで、淡白なお魚料理ととてもよく合って
とろけるような美味しさでした。(写真右4)

本日のデザートは、ショコラオランジュでしたが、チョコ系が
苦手な私のためにアレンジして下さって、チーズの生クリーム
ケーキをご用意していただけました。グレープフルーツの
シャーベットと季節のフルーツが添えられていました。
ケーキ工房から運ばれるこちらのケーキの美味しさは すでに
定評があるので安心していただけますよね。ケーキは日替わり
だそうで、これだけでもとても楽しみです。(写真右5)

フレンチ専門のシェフのこだわりは、旬の素材をふんだんに
使い、季節感を出すこと。そしてお店の雰囲気やお料理、
非日常的な空間で お客様に心を休めていただきたいこと。
また パン工房、ケーキ工房で作られるそれぞれのプロの味を
含め、シエン全体としてコース料理を考えていらっしゃる
とのことでした。

なお、お料理の内容はその時々で違いますし、一日一組限定の
ウエディングが入っていたり、貸切の時もあるので、ご確認を
お願いします。個室利用も可能ですし、一見敷居が高いように
思われがちですが、カジュアルな対応もされていて、お子様を
お連れの方にも 授乳用のお部屋などが用意されていたりと、
あちこちに優しい心配りが見受けられます。ご予約の際に
ご相談いただければ、いろいろと対応して下さるそうです。

今年の6月で丸5年になるという邸宅レストラン。
エルミタージュと名付けられたのは、特別なとか隠れ家的な
という意味から、長い間お客様にとって 特別な場所として
安心して利用していただきたいという願いが込められている
そうです。素敵な思い出を残していただけるようにと作られ、
それは最初にも書いたように、スタッフの素敵な笑顔に
すべてが込められているように思います。

あたたかさを伝えたい、お客様がこのお店から出られる時には
入られた時以上の素敵な気持ちになっていただきたいのですと
心から願って接客されるスタッフたち。幸せを運ぶレストラン
と言っても過言ではないと思います。

帰りに私たちが ケーキ工房に立ち寄り、美味しいパンや
ケーキを買って帰ったのは言うまでもありません。
お腹も心も十分満たされているのに、まだお土産まで
買ってしまうなんて…欲張りですね!
[Ermitage de Shien]
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

次のレポート
前のレポート

~至福のセレブランチトップ


↑ページトップへ
ホームグルメレジャー
ビューティくらし求人
岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミ地域情報サイト-レッツぎふ

岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミサイト-レッツぎふ