至福のセレブランチ

鼕e務原のフランス食堂
'08/04/06


 

 

民家を改造された可愛いカジュアルフレンチのお店です。
フランス食堂と書かれた看板どおり、こじんまりした店内の
あちこちに可愛いお花が飾られ、穏やかな空間があり
インテリアにもセンスの良さと温かみを感じます。
住宅街に溶け込むように目立ちすぎず控えめな造りです。

ランチメニューは、2種類ありますが、今回は 2,300円の
スペシャルランチをレポートしてみました。
オードブルの盛り合わせと、メインをお魚かお肉料理から選び
それに自家製パンとデザート、ドリンクが付いてきます。

オードブルはキッシュロレーヌ、トビウオのマリネ、鴨の燻製
アボカドとズワイガニと春野菜のテリーヌ、厳選野菜のサラダ
という豪華四点盛りでした。 (写真右1)

ふわふわに柔らかいキッシュや、手の込んだテリーヌなど
忘れられない優しいお味です。この二品は ランチ時には
定番になるようです。ぜひ味わってみてください。

メインは和牛ロースのソテーを選びました。(メインの写真)
添えられたお野菜は オニオンヌーボーとブロッコリーで
とても香りよくソテーされ、お肉によく合う素材でした。
フォンド・ボーのソースでいただく和牛も 絶品です。

自家製のパンは北海道産ライ麦のグラハム粉を使って毎日
2回、丁寧に焼き上げられるそうです。とても味わいがあり
美味しいと評判のパンで、予約でテイクアウトも可能です。
(写真右2)

デザートは 真っ赤なお皿に盛り合せ。(写真右3)
フォンダンショコラに、フロマージュブランのトルテ、
赤い果実など 5種類が入ったソルベに真っ赤なソース。
チョコ系が苦手な私にも 美味しくいただけました。

少し内容の違う 1,500円のコースもありますし、別に
スープが 400円プラスで付けられます。

お店の名前の「コラソン」は 心という意味だそうです。
シェフがお店を始められて5月で丸2年だそうで、その前には
京都のフランス料理屋さんなどで修業されていたそうです。
諸事情から実家に帰られ、お花の大好きなお母様が生けられた花に囲まれ、愛情あふれる可愛いお店で、シェフが心をこめて腕をふるわれている…これって素敵なことですよね。
シェフの望むホッとする空間を私たちも十分に感じられて、
この居心地の良さに なんだか幸せな気分になれるんです。

仕入れはシェフ自ら市場に行き、すべて手作りにこだわり、
お一人で切り盛りされております。自分の覚えてきたことを
お客さんに提供したい、堅苦しくないフレンチを気楽に
居酒屋感覚で食べていただきたいと願っておられます。
華美ではなく、基本に忠実で丁寧に作られたお料理からは
シェフの心意気が伝わってきます。

愛情あふれる「フランス食堂」に みなさんも足を運ばれたら
もしかして幸せのおすそわけもいただけるかもしれませんね。
[BISTRO DE CORAZON]
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

次のレポート
前のレポート

~至福のセレブランチトップ


↑ページトップへ
ホームグルメレジャー
ビューティくらし求人
岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミ地域情報サイト-レッツぎふ

岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミサイト-レッツぎふ