至福のセレブランチ

鼕ヨ市のフレンチ?
'07/12/01


 

 
外観はとても斬新なデザインです。エントランスから
階段を少し上がって 次にらせん階段を下りていくと
地下がお店になっているという、まさに隠れ家的で
とってもお洒落なフレンチレストランです。
オーナーシェフが いろいろな建物を見て回り
建築士さんにお願いしたという素敵なお店です。

本日のオーダーはスペシャルランチのスイスコース。
オードブル2品、チーズフォンデュまたはパスタ、
魚料理、肉料理、パン、デザート、ドリンク付きで
2,200円でいただけます。

まず最初のオードブルはエイのひれを煮詰め
コンソメゼリーで固めたものでした。(写真右1)
前菜ながら手の込んだ一品でした。

もう一品のオードブルはポテトのニョッキと小エビ、
花びら茸、ブロッコリーをジェノバソースとクリームで
いただきました。(写真右2)
ニョッキや野菜とソースの相性がとてもよくて
残ったソースはパンに付けて食べても美味しかったです。

今回はパスタのカルボナーラを選びました。(写真右3)
この写真は3人分ですが、とてもお上品なコクがあり、
ありがちなくどさもなく、これもまたソースが絶品で
フレンチ仕込みのイタリアンという感じでした。

お魚料理はスズキのソテーのパプリカソース(写真右4)
外はカリっとソテーされたスズキに絡めたソースが
ポイントなのですが、見た目もお味も見事でした。

そしてお肉料理は牛ヒレ肉のソテー(メインの写真)
こちらのソースはお肉を煮込んだソースだそうです。
軽くソテーした玉葱が敷かれ、エリンギが添えられ、
ヒレ肉が香り良くソテーされていました。

最後にデザートは4品の盛り合わせ(写真右5)
カシスのムース、ラムレーズンのアイス、メロン、
シフォンケーキでしたが、とても充実していました。
いつも思いますが、デザートがケーキ屋さん以上に
美味しいのは本当に幸せですよね。

また本日のパンは3種類で、ゴマパン、ライ麦パン、
それにフォカッチャで、焼きたてがいただけて
どれも ホカホカで とっても美味しかったです。
パンはシェフが 本場ドイツのパン屋さんで修業され
学ばれたもので、朝と夕方に焼かれるそうです。

実はここにお店を構えて19年、開業24年目だそうで
店内に置かれている巨大なローソクが その歴史を
物語っています。最初は藁に包んだワインの瓶に
1本のろうそくを立てたことから始まったそうです。
初めてお店を訪れた方は何だろう?と驚かれるでしょう。

他にもドイツやヨーロッパからコンテナで運んだ調度品や
目を引く素敵なインテリアなどが魅力的なお店です。
グラスなどはイタリア製が多いそうです。

フレンチだけではなく、もっと気軽に食べていただきたい
という気持ちからパスタなども作られるようになり
ランチも 1,050円からという嬉しい価格設定にされ
若い方にも気軽に来店しやすくされています。

パスタも美味しかったことをお伝えすると、それは
茹で方に独自の工夫をされているとのことでした。
美味しいソースのせいだけじゃなかったようです。

無農薬野菜や地元にある素材をなるべく使うようにし
魚などは天然物の三河産を仕入れらるとのこと。
損得をあまり考えないというシェフのお料理は
素材もさることながら 味への追求が感じられます。

時代に流されず、守り続けていきたい味があります。
結果が出るのは一年先ということも頭においています。
絶対に手抜きをしない、お料理はすべて直前に作る、
お客様に 来てよかったと思われるようなお店にしたい
とシェフは おっしゃっています。

老舗にもかかわらず、2ヶ月に一度はスタッフと共に
他の人気レストランを食べ歩き、研究されているそうで
熱心で謙虚な姿勢に驚き、感銘を受けました。

食事を終えて帰られるお客様のお顔が気になるそうなので
みなさん、美味しかったら笑顔で帰りましょうね。
そうすると益々シェフの腕に磨きがかかるでしょう。

我が家から関までは遠いので頻繁には通えませんが
近ければ 常連さんになってしまいそうなお店です。
[フレンチマスタード]
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

次のレポート
前のレポート

~至福のセレブランチトップ


↑ページトップへ
ホームグルメレジャー
ビューティくらし求人
岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミ地域情報サイト-レッツぎふ

岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミサイト-レッツぎふ