至福のセレブランチ

鼕阜市日野の日本料理店
'07/11/20


 

 
お店の名前のとおり、日野の坂にある門構えも立派な
正統派の懐石料理店のご紹介です。早めに予約して
個室のお座敷でいただくことができました。

今回のレポートは、店主おすすめの旬彩懐石弁当
(大徳寺緑高重)3,700円のコースです。

まずは先付けで、白バイ貝の味噌和え、ホウレン草の
白和え、ポテトサラダのイクラ添えの三品です。
彩りよい紅葉の葉が季節を感じさせてくれ、
さらにお料理を際立たせています。(写真右1)

続いて椀物は、蛤のしんじょです。美しい漆のお椀の
蓋を開けた瞬間にお出汁のとても良い香りがします。
ふわふわの柔らかなしんじょに包まれた新鮮な蛤が
とっても美味しいです。(写真右2)
やはり基本はお出汁ですよね、丁寧なお仕事ぶりがわかる
見事な一品です。

向付のお刺身は、まぐろ、平目、えんがわ、イカで
朝市場で仕入れられたとても新鮮なものがいただけます。
(写真右3)

次にメインの写真をご覧になってわかりますように
このような宝石箱のような美しいお料理が運ばれます。
そしてとても良い香りで食欲がそそられるのです。
篭に朴葉が敷かれ、海老の変わり揚げは二種類で
(ピーナツと湯葉の衣揚げ)、近江こんにゃくの揚げ物
酢の物(めかぶとタコ)、さわらの焼き物、だし巻き卵
ゴボウの肉巻き、たたきゴボウ、銀杏のケシの実揚げ
牡蠣や小倉蓮根、子持ちにしんの煮物などなど・・・
盛りだくさんで女性では食べきれないほどの量ですが、
手の込んだ品ばかりなので、ついつい頑張って
食べてしまいたくなります。

そしてご飯ものは鮭のお茶漬けでした。(写真右4)
焼いたばかりの熱々の鮭にあられがまぶされ、それを
上品なお出汁をかけていただくようになっています。
もうお腹がいっぱいだったのに、またしてもその香りに
負けてしまい、食べきってしまいました。
前回は、おにぎりでした。季節により変わるそうですが
どちらも日本人ならホッとできる最後のご馳走ですよね。

デザートはバニラソフトクリームに焼きりんごとプリンが
添えられていました。(写真右5)
男性でもきっと大満足コースだと思います。

ランチメニューは他にも四季の点心(平日のみ)2,700円や
要予約でお昼懐石 5,500円からあります。

このような見事なお料理を提供してくださるのが、店主の
酒井さんですが、高校卒業後「すぎやま旅館」で修業され
その後は名古屋でさらに修業を重ねられ、そして
かの有名料理旅館「萬松館」では8年間も料理長を
務められた後、この地で「さか井」を開業され、
今年5年目を迎えられたそうです。

器も作家物や本物の漆器を使うなどのこだわりを持ち
仕入れもご主人が毎朝市場で厳選していらっしゃいます。

お弁当などは懐石と違って、一品ずつ出せないので
料理方法も、冷めても美味しいように工夫されています。
とにかくまずは食べてみてください、納得してくれた方だけが
来てくださればよいのです。とご主人がおっしゃいますが
まさにそのとおりで、まずは「さか井」さんに出向いて
正統派の職人が作るお料理を五感で味わってください。
また、天然鮎を日本一香り高く焼かれるとのことなので
鮎がお好きな方は 夏には「鮎懐石」をおすすめします。

記念日や大切なおもてなしの時などには
必ずやお役に立つお店だと思います。
[旬彩料理 日野坂 さか井]
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

次のレポート
前のレポート

~至福のセレブランチトップ


↑ページトップへ
ホームグルメレジャー
ビューティくらし求人
岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミ地域情報サイト-レッツぎふ

岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミサイト-レッツぎふ