至福のセレブランチ

鼕阜市菅生のフレンチレストラン
'07/10/30


 

 
今回のレポートは私の大のお気に入りのお店の一つで
カジュアルフレンチのレストランです。

お昼のコースランチ 2,300円(税別)のレポートです。

まずはオードブルの盛り合わせから。
人参のムースと生うにのコンソメゼリー添え(写真右1)
こちらはクチコミでも大人気の逸品です。
手の込んだこの品は食べてみる価値大でおすすめです。
もう一品は紋甲いかと帆立貝のグリル、
イカ墨のクスクス添え(写真右2)
クスクスとはスパゲティを細かく切り刻んだものだそうです。
イカ墨で舌が少し黒くなりますが、これも美味しいです。

本日のスープは 紫イモのポタージュでした。(写真右3)
色も見事ですが、素材の甘さも生かされ優しいお味でした。
それにフランスパンとバターが添えられます。

メインは 本日の鮮魚料理…アマダイのポワレと旬野菜。
本日の肉料理…鶏もも肉のソテー、キャベツの煮込み。
フランス産仔鴨モモ肉のコンフィ。
フランス産仔鴨胸肉のローストの4種類から選べますが
プラス料金で他のお料理にグレードアップもできます。

今回は2種類レポートさせていただきます。
アマダイのポワレと旬野菜いろいろですが(写真右4)
サフランソースが見た目も美しく、濃厚なのにサッパリで
アマダイとの相性もピッタリで、これならお魚嫌いの方にも
きっと気に入っていただけると思います。

もう一品は フランス産仔鴨胸肉のロースト(メインの写真)
鴨肉が大好きな私はついいつもこちらを注文してしまいます。
ジューシーだけどヘルシーな鴨肉のお料理は絶品です。
実際に鴨は苦手と言っていたお友達も喜んでいました。

そしてデザートの盛り合わせとドリンクです。
本日は ティラミスとグレープフルーツのジュレ(写真右5)
このティラミスもふわふわの感触で、グレープフルーツの
酸味とピッタリの相性でした。手抜きがなくて嬉しいです。

さて、パルファンというのはフランス語で香りという意味があり
お料理の香りも大切に楽しんでほしいというシェフの願いで
名付けられ、来春には開業して丸5年になるそうです。
シェフは東京や名古屋の有名店で修業をされたとのこと。
またフランスでも修行され、その時は奥様とご一緒に
あちこち食べ歩かれ、さらに研究されたそうです。

仕入れに関しては、毎朝市場でシェフが厳選材料を選ばれ
輸入品などは名古屋の業者から仕入れ、お野菜については
実家で作られた安全で新鮮なものも使われているそうです。
そしてシェフの一番の気遣いは、火の入れ具合だそうで
いかにしてその素材を一番美味しい状態で出すかというのが
重要なポイントだとおっしゃいます。

このお店と出会った当時、カジュアルなフレンチというものに
ある種の感動を覚えました。今でこそ増えてきましたが
フレンチを身近にいただけるようリーズナブルで美味しくと
精一杯努力してくださるシェフは素晴らしいと思いました。
またシェフのお料理もさらに磨きがかかってきたと思います。

また、毎月第2、第3の火曜日にはランチ付きの
プリザーブドフラワーの教室が開かれておりますので
興味のある方は お問い合わせくださいね。

少し場所がわかりづらいかもしれませんが
レッツぎふのお店の地図を参考にして
探してでも ぜひ訪れてみてくださいね。
[PARFUM]
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

次のレポート
前のレポート

~至福のセレブランチトップ


↑ページトップへ
ホームグルメレジャー
ビューティくらし求人
岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミ地域情報サイト-レッツぎふ

岐阜のグルメ、ビューティ、レジャー、くらし、求人のクチコミサイト-レッツぎふ